催眠療法

ホーム 自己紹介 EFT 催眠療法 前世療法 カウンセリング/予約

   催眠療法って何ですか?
潜在意識との対話を通して心の悩みを解決したり健康を取り戻したりする心理療法のひとつです。頭ではわかっているのに、心がどうしても言うことを聞かないというのは、潜在意識が抵抗しているからです。心の悩みは意思の力だけでは解決できません。心の奥底に隠れている自分の気持ちに耳を傾け、古い心の傷を癒すことで、前に進むことができるようになります。


   催眠療法はどんなことに役立ちますか?
1955年に全英医学協会が、そして1958年に全米医学協会が催眠を医学教育の一部として採用して以来、催眠療法は医師や心理学者、心理療法士、催眠療法士などによって治療に使われてきました。ガン患者のためのサイモントン療法も催眠療法のひとつです。また、ソ連のオリンピック選手はトレーニングの一環としてイメージ法を使ったことで知られていますが、イメージ法というのも催眠療法のひとつです。催眠療法は心と体の両面に役立ちますが、その主なものは以下の通りです。

  • ストレス解消
  • 不安やイライラの解消
  • 対人恐怖症からの解放
  • 不眠症をなくす
  • 自信を取り戻す
  • スポーツや音楽の能力向上
  • 学習能力向上
  • 高所恐怖症、運転恐怖症、閉所恐怖症などの恐怖症からの解放
  • 罪悪感や後悔で身動き取れない状態からの脱出
  • 愛する人に死なれた悲しみを癒す

   催眠にかかると相手の言いなりになるのではないですか?
いいえ。催眠療法士は言葉や音楽を使って、あなたが自分のからだと心をリラックスさせるお手伝いをするにすぎません。 すべての催眠は自分で自分にかける自己催眠です。たとえ催眠状態にあっても、言いたくないことやしたくないことを拒否する能力は失いません。したくないことをするように指示されると催眠から覚めてしまいます。


   催眠状態とはどんな状態ですか?
心とからだが充分リラックスし、批判的で分析的な左脳の機能がゆるんだアルファ波の状態です。これはトランス状態と呼ばれます。眠りにおちいる直前や起きたばかりの瞬間がそれに近い状態です。激しい運動を長時間つづけたり、瞑想をしたり、うっとりと音楽に聞き入っているときにも、こうしたトランス状態に入ります。

高速を運転していて、ふと気がついたら、途中をあまり覚えていないという経験がありませんか。あなたはトランス状態に入っていたのです。眠っているわけではないので、運転に必要なからだの動きはちゃんとしているのですが、意識は別の世界をさまよっていたというわけです。こうして自然に起こる催眠を自然催眠と呼びます。


催眠療法のように、特定の目的のために意識的にトランス状態を生み出すことを人工催眠と呼びます。


催眠状態は眠っているわけではないので、催眠療法士の声もちゃんと聞こえますし、話をすることもできます。それまで外の世界に向かっていた意識のアンテナが、全部自分の心やからだの中に向けられた状態です。自分の気持ちや考えが明確になり、体の感覚が非常に鋭敏になります。


催眠療法ではどんなことをするのですか?
催眠療法には大きく分けてふたつの種類があります。

  1. 催眠療法士が一方的に暗示をかけ、クライアントはそれをだまって聞く指示的催眠療法。
  2. 催眠状態にあるクライアントと質疑応答しながら心理療法をおこなう対話的催眠療法。

わたしは主に(2)の対話的催眠療法を行います。わたしの催眠療法の目的は、クライアントが本来持っている能力や知恵を引き出すことです。深い催眠状態にある人は、そうした自分の知恵の宝庫にアクセスすることができます。

催眠療法はまず心と体をリラックスさせることから始まります。楽な姿勢で椅子にすわっていただき、呼吸を深めながらからだをリラックスさせていきます。充分リラックスしたら、自分の問題を心に浮かべ、それに対する自分の気持ちや体の反応を観察しながら、真の原因を探っていきます。この際に、タッピングセラピー(EFT)も使って、マイナスの感情を解消したりもします。真の原因があなたを超えて、両親、そのまた両親などにあるときには、過去にどこまでもさかのぼっていきます。催眠療法は意識の世界を扱いますので、過去、現在、未来、どこにでも行くことができます。


   催眠にはだれでもかかるのですか。かからない人もいますか?
想像力のある人なら、だれでもかかります。ただし、催眠はリラックスする能力と想像力を道具に使いますので、すぐにかかる人と時間がかかる人があります。ぼんやりと白昼夢を見たり、好きなことに夢中になって時間を忘れたりした経験のある人なら、催眠にかかります。かかりにくい人も何度か練習するうちにかかりやすくなります。


   催眠療法を受けたいのですが、どうすればよいですか?
実際の催眠療法には1時間半から2時間が必要です。けれども、その1週間前に、まず1時間の予約を取っていただいて、問題の内容や背景事情などをうかがうと同時に、イメージ法などを使って催眠にかかりやすいかどうかを調べます。また、あなたの問題の解決のために催眠療法が最適な方法かどうかも話し合います。催眠療法をすることに決めたら、次回までのあいだに、誘導瞑想のCDを使って自宅で練習していただきます。催眠療法は一回ですべての問題が解決したり答えが出るとは限りません。むしろ3-4回のセッションが必要なことのほうが普通です。


催眠療法の一種で、この人生に生まれる前の人生、つまり過去世への退行を行う前世療法について、もっと詳しくお知りになりたい場合は、ここをクリックしてください。

催眠療法やタッピングセラピー、そして先生との出会いに恵まれ、自分の心とちゃんと向かい合うことができました。そして、自分の心の深いところに、すでに真の答えがあることに気がつきました。ありがとうございました。シアトル市 33歳女性
わたしはヒューイさんの催眠療法のセッションのおかげで、長年解決せずに持ち越してきた様々な問題に深い気づきと洞察を得て、音楽コンプレックスが一気に解決しました。私自身だけでなく、関わるすべての人たちが癒され、他のカウンセリングでは体験しない劇的な気づきの連続でした。内面の旅はまさに未知の世界のワクワクする探検ということを体感しました。本当に感謝しています。シアトル市大学院生 M. U.